スポンサーサイト

  • 2011.09.28 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ハンドバッグサンプル悪戦苦闘中

 朝から結構な雨が降っています。
除湿器フル稼働中です‼

さて、弊社の工房は只今新作のサンプル作りの真っ只中サンプル製作中
悪戦苦闘のあとが解ります。
作る事の難しさより
クリエイトする方の難しさを感じる期間ですね。

良い素材がみつかったらその素材を生かしたデザインから物作りが始まったり
デザインを描いたあとに良い素材を探しに行ったり・・・
皆様,新作がならぶ日を楽しみにしておいて下さい。

来週、某雑誌の方が取材に来られます。
その雑誌の商品をわが社が担当させていただいたからです。
まだ名前はお知らせすることは出来ませんが
八月の半ばに発売になる予定です。
こちらの方も楽しみにしておいて下さい。

床屋に行っとこうかな〜・・・
「あんたがでるんじゃないわよ‼」と誰かさんに言われそうです、ねっ。

KIYOKAWA ON-LINE SHOP 

azzuni 名前の由来

晴れた日の朝はやはり気持ちがいいですね。
私の朝は毎日愛犬リッツの犬パンチ攻撃から始まります。
これは吠えると怒られるので「めしよこせ‼」との訴えなのです。

さて、お題の「azzuni アッズーニ」の由来・・・
これは弊社がある吾妻橋二丁目のことをこの界隈では通称「あずに」と呼ばれ
私の好きなカラーをイタリア語で「アッズーロ(青)」と呼ぶことから二つを融合させ
azzuni」が誕生しました。

先代がこの地で創業して45年、この街を愛し
ここから世界にむけて「メイド イン ジャパンのハンドバッグ」
を発信していきたいという思いがこもっています。
テレビ等でアサヒビールの大きな金色オブジェのビルをご存知の方は
大勢いらっしゃるとおもいます。
近くにお越しの際は是非とも弊社にお寄りください。

昨年より生産をはじめています「クワドラント」シリーズAZ019 blue

雑誌掲載も手伝ってか、ご好評をいただいています。
特にお洒落なビジネスマンには、他にはない色出しと雰囲気で
さりげなく目立つ事間違えなし・・・宜しくお願いします。

バッグ業界の六月

 6月に入り早々と入梅しましたね。

皆さんもそう思っていたかもしれませんが、平年より早めとなりました。

さて、我々バッグ業界の人間にとっては今月は今年の秋冬製品のサンプル製作や展示会とやらで、何かと慌しい月です。

弊社もOEMのサンプルを今週終わらせ、7月のIFF(インターナショナルファッションフェアー)という展示会にむけて邁進中です。

展示会といえば、思い出話なんですけど一昨年の6月に
同業者のY氏が「イタリアのピッティー ウーモというメンズの展示会に出展するので一緒に行かないか?」というので行ってきたのですが
イタリアの展示会は遊び心満載で面白かったですね。
何と警察まで出展してるのですよ……。

フェラーリのパトカーの写真をアップしておきまーす。フェラーリのパトカー
これじゃスピード違反の車も追い抜く事間違いなし。

イタリアのフィレンツェで開催されたのですが、すごく暑くて気温が40度まで上がったのを覚えてます。

日本より湿気が少ないので多少はましなのですが、ペットボトルの水がみるみるお腹の中に消えていく…

その中を市街地視察と銘打って、10時間近くもフィレンツェの街を歩き回りました。

体力に自信がある私に付き合った被害者のY氏。
ホテルの部屋で青い顔になり「もぅ歩きたくない」と静かに呟いてました。

バッグの革の湿気予防

 今日は雨降りですね。九州は入梅したそうで…

これから本格的な雨や湿気対策が必要になってきますね。

さて、レディースバッグ、特にフォーマルバッグを購入されたとき

革が波をうったような状態になった経験の方いらっしゃいませんか?

最近のレディースバッグは柔かい革が主流ですが

私がこの仕事についた20年前位は

硬い革のバッグがた〜くさんありました。

それが梅雨の時期になると湿気を含んで波をうってくるのです。

それを予防するために、加工や縫製するまえに革に湿気対策を施してあげると

後々まで張りのある革の状態が保てるのです。

具体的に何をするかというと

各社其々方法は違うと思いますが

弊社は不織布(ふしょくふ)等を貼って予防をしています。
不織布貼ってます


革の種類によって貼る素材をかえますが

重くなりすぎず風合いを損ねずということが前提です。

五感を刺激するバッグ

はじめまして、初めてブログを投稿させていただきます。
KIYOKAWAは東京都内では数少ない、職人を五人抱えた工房を併設するバッグメーカーです。

ベテラン職人二人と、企画から型紙製作、裁断及び縫製まで全工程をこなせる
女性職人三人が工房の中で日々バッグ作りに励んでいます。                                               
c−003トートバッグ                                                      女性職人はKIYOKAWAのオリジナルブランドを立ち上げる時にバッグスクール                                         を卒業した生徒の一人からスタートしました。いまでは三人、それぞれの個性を発揮し                                         て頑張ってます。                                                                         KIYOKAWAのバッグの拘りは、メイド イン ジャパンであること!
お客様の五感を刺激するような魅力あるバッグをつくる事です。
それを念頭に置きながら素材選びの段階から企画・縫製・納品まで努力させていただいてます。これからブログの更新の度にバッグの魅力を紹介させていただきます。
ちょっとだけ私の趣味の食べ歩き?飲み歩き?や、下町の話題も紹介します。
宜しくお願いします。



calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
人気ブログランキング
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM